韓国人「日本も再利用ロケットの開発‥年内実験用ロケットを製作」 韓国反応

スポンサードリンク

(ニュース1)日本政府が人工衛星打ち上げ費用を減らすため、再使用が可能なロケットなど新しい「宇宙輸送システム」開発を推進する計画だ。

1

毎日新聞によると、日本の内閣府傘下の宇宙政策委員会は15日、このような内容を盛り込んだ「宇宙基本計画」工程表の中間整理の結果を発表した。

日本は現在、人工衛星を発射する際、独自開発したH2Aロケットを使用しているが、このロケットは「1回用」で、打ち上げの時ごとにその製作から実際に発射に至るまでおよそ100億円の費用が程度が所要されることで知られている。

日本政府はこのような費用負担を減らすため、毎回約50億円で製作・発射できる新型ロケットH3を開発、来る2020年から導入する方針だが、これも再使用が不可能、「費用削減には限界がある」という指摘が出ている。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク