反日映画「軍艦島」のリュ・スンワン監督が、「韓日関係」について憂慮する日本の記者の質問に、所信を明らかにする 韓国反応

スポンサードリンク

(ニュース1)リュ・スンワン監督が「韓日関係」について憂慮する日本の記者の質問に、所信を明らかにした。

リュ・スンワン監督

リュ・スンワン監督は15日、ソウル龍山区国立中央博物館劇場で開かれた映画「軍艦島」の製作報告会で日本の朝日新聞から来た記者から「何パーセントの事実に基づいた作品なのか」、「映画封切り後、韓日関係に懸念があるようですが彼に対する考えはどうか」という質問を受けた。

これに彼は「私には尊敬する日本映画監督、好きな日本映画もたくさんあって、好きな日本人の友達もいる。 韓日関係が心から近い隣人との関係がうまくいって進むことを望む」、「しかし、指摘される物は話し合いで解決して、超えなければならない物は超えなければならない」と話した。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク