炎の現場でとがった物もつかむことができる数珠状のロボットハンドを開発…東北大!

スポンサードリンク
1: しじみ ★
 《 炎の中のとがった物体もつかむことができる数珠状のロボットハンドを東北大学の研究グループがこのほど開発した。消防隊員などが近づけない灼熱(しゃくねつ)の火災現場や炎上する災害現場での活用が期待できるという。

 新たな災害用ロボットハンドを開発したのは東北大学大学院情報科学研究科の多田隈建二郎准教授や田所諭教授と同研究科の博士課程の学生ら。これまでの災害用ロボットハンドは主に袋型で物体を包み込むようにつかむ形状。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

002
https://news.mynavi.jp/article/20181101-717517/
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1541172373/

続きを読む

Source: 軍事・ミリタリー速報☆彡

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク