韓国海軍に実戦配備される艦対空ミサイル「海弓」、設定基準未達にもかかわらず合格判定…最新鋭揚陸艦に搭載予定!

スポンサードリンク
1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★
 《 (略) 記事によると、韓国軍は今年5月に進水した海軍の最新鋭揚陸艦「馬羅島艦」に、敵の航空機とミサイルを撃墜する艦対空ミサイル「海弓」を搭載する計画だ。海弓について、軍は「今年行われた実験で10発中9発が標的に命中した」として合格判定を出し、来年から量産に入ると発表した。

 しかし、国防科学研究所と防衛事業庁が同実験に使った標的の速力はマッハ0.5で、北朝鮮の「金星3号」など周辺国の海軍が運営する対艦ミサイルの速度マッハ0.9の半分以下であることが分かったという。また、実際のミサイルは迎撃を避けようと海面を這うように飛行するが、実験の標的のほとんどは高高度で飛行していたため撃墜しやすかったという。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

456941
https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=659746&ph=0&d=d0058
引用元: ・http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1541578099/

続きを読む

Source: 軍事・ミリタリー速報☆彡

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク