韓国人「韓国駆逐艦のコンピューター・システム、1日1回以上作動停止‥有事の際,指揮体系に致命的な打撃」 韓国の反応

スポンサードリンク

 海外の反応 

韓国海軍駆逐艦の「指揮体系(コンピューター指揮システム)」が最悪の場合0.8日に1度ずつ「シャットダウン(作動中止)」されていることが分かった。 「586コンピュータ演算処理装置の指揮体系がアップグレードされないため、戦闘任務の遂行に致命的な支障を与える」という指摘が提起された。

1

国会国防委員会所属自由韓国党の李鍾明議員によると、KDX-II(忠武公李舜臣級)駆逐艦6隻の指揮体系の平均シャットダウン件数は、2013年の5.3日当たり1回から今年は1.4回へと増加した。

KDX-I/II駆逐艦全体(9隻)の戦闘体系シャットダウン件数も13年3.8日当たり1回ずつから、今年2.1日当たり1回ずつ増えた。

特に、王建艦(KDX-II)は、13年21.7日当たり1回だったシャットダウン回数が、今年は0.8日当たり1回と、5年間で26倍に増えた。 崔瑩艦(KDX-II)も13年5.13日当たり1回だったシャットダウン回数が0.85日当たり1回になった。 2隻の艦艇は、いずれも20時間に1度の割合で戦闘システムが停止している。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク