ハッブル宇宙望遠鏡がジャイロスコープの不具合によりスリープモードに…地球上空600kmの軌道を周回!

スポンサードリンク
1: ガーディス ★
 《 地上約600km上空を周回するハッブル宇宙望遠鏡は、地上からでは困難な精度の天体観測が可能な「宇宙の天文台」ともいえる設備です。そんなハッブル宇宙望遠鏡の姿勢を制御するために使われているジャイロスコープが故障したため、「ハッブル宇宙望遠鏡がスリープモードに突入してしまった」と報じられています。

 ハッブル宇宙望遠鏡はジャイロスコープを利用することにより、地球の上空600kmの軌道を周回しつつ姿勢を維持しています。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

10821-1
https://gigazine.net/news/20181009-hubble-space-telescope-sleep-mode/ 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539145600/

続きを読む

Source: 軍事・ミリタリー速報☆彡

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク