シリア反体制派最後の拠点攻撃、トルコとロシアの不一致で遅れる?

スポンサードリンク
1: みつを ★
 《 シリアの反体制派最後の拠点となっている同国北西部のイドリブ(Idlib)県へのシリア政府軍による攻撃は、トルコとロシアの意見が一致していないために遅れているようだと専門家たちが指摘している。

 シリア内戦でロシアとトルコはそれぞれ対立する勢力を支援している。ロシアの支援を受けたシリア政府軍のイドリブ総攻撃が目前に迫っているとみられていた今月7日、イランの首都テヘランでトルコのレジェプ・タイップ・エルドアン大統領、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、イランのハッサン・ロウハニ大統領が会談してシリア情勢について協議した。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

4616924
http://www.afpbb.com/articles/-/3189744?cx_part=latest 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537024713/

続きを読む

Source: 軍事・ミリタリー速報☆彡

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク