海外「あんな悪い日本の文化が日帝時代韓国に伝播された‥」コーチが15歳体操選手をフルスイングで暴行‥宮川紗江のパワハラに日本全体が動揺!

スポンサードリンク

 海外の反応 

体操コーチが選手の頬を打った。 他の選手たちがいる訓練場だった。 選手の頭が回るほどコーチは力を乗せて手のひらを振るった。 いずれの形態であれ容認されない暴力で、それさえも一部の理解が得られている体罰の水準を超えた「パワハラ」だ。 日本は今明らかに暴露されたパワハラ事件で驚いた。

g1

被害者は2016のリオデジャネイロ五輪に出場していた日本体操国家代表、宮川紗江に加害者は彼を指導した速見佑斗コーチだ。 速見コーチは五輪を控えた2015年体操練習場で指導を理由に宮川を暴行した。 宮川は現在18歳、事件当時、15歳だった。 議論は3年後の先月日本体操協会が速見コーチに重い懲戒を下したことに触発された。 ただ、議論の展開が複雑だ。

宮川は自分を殴った速見コーチをかばっている。 彼は「誰かが選手団の内紛を図っている」、陰謀論を提起した。 その対象に協会の高位職幹部である塚原光雄副会長と塚原智恵子本部長を名指しした。 これらは夫婦だ。 宮川の主張を総合すると、速水コーチの波を求める塚原夫婦のパワハラに悪用された。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめ人気記事!(24時間更新)
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク