海外「日本帝国時代の植民地支配が、韓国人を化学調味料に慣れさせた‥化学調味料は日帝残滓」

スポンサードリンク

 海外の反応 

調味料の味に馴染んでいる大衆の好みが、日帝強占期から確立されたという分析が出た。 ベク・ウクイン、ソウル科学技術大学教授の著書「翻案社会-帝国と植民地の翻案が作った近代の制度、日常、文化」(出版社ヒューマニスト)内容だ。

1

ベク教授はこの本で、言語、学問、衣食住文化、大衆文化などに残っている日本植民地時代の残滓を詳しく分析した。 私たちが、日本植民地支配を経験し、西洋に直接対面する代わりに、日本式に「翻案」になったものと受け止めており、解放後も植民地の残滓を清算するどころか、米国の影響の下で踏襲したという主張だ。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク