海外「何で鯨だけ特別扱いするんだ!」 海外ネットで高まる捕鯨に理解を示す声

スポンサードリンク

約5万人の人々が暮らす、デンマーク自治領のフェロー諸島。
国家元首はデンマーク国王ですが、域内行政は自治政府によって行われ、
外交も独自の路線を歩んでおり、現在もEUには加盟していません。

実はEUに加盟していない理由は、捕鯨にあると言われています。
高緯度の冷涼な気候が理由で農耕などには適していないため漁業が産業の中心で、
フェロー諸島の人々にとって鯨肉は、貴重なタンパク源。
地域住民が共同して捕鯨に参加する習慣は、16世紀から現在まで続いています。

夏には「Grindadrap」と呼ばれる大規模な追い込み漁が行われているのですが、
近年は、欧米メディアが「残酷だ」として非難する事が恒例に。
16年にFBで最も登録者数が多いページに選ばれている「UNILAD」も昨日、
血で真っ赤に染まる海の写真と共に、捕鯨を批判的に伝える記事を投稿。
しかし読者からは、捕鯨に理解を示す声が相次いでおり、
またそういった声には他の読者から多くの支持が集まっています。

寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本に口出しするなよ」 日本の捕鯨に批判的なBBCに外国人から怒りの声も

government-poltics-faroe-islands.jpg
Source: 【海外の反応】 パンドラの憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク