海外「日本人女性作家、塩野七生さんが“オランダ人女性慰安婦被害者に対して、日本政府が早急に手を打たなくては成らない”と主張!」

スポンサードリンク

 海外の反応 

韓国でベストセラーになった「ローマ人の物語」などを書いた日本の女性作家の塩野七生さんが日本軍がかつて、インドネシアでオランダ人女性たちを慰安婦に動員した「スマラン事件」について、日本政府が「早急に手を打たなければ成らない」と主張した。

1

塩野氏は日本の保守月刊誌の文芸春秋10月号の寄稿を通じて、朝日新聞が8月初め、特集で、スマラン事件などを例に挙げ、慰安婦動員に’強制性’はあったと指摘したことに対してこの様な主張を展開した。

現在、イタリアに居住している彼女は、特に「私たち日本人が、米国と欧州を敵にするのは賢明でないことであり、オランダ女子も慰安婦としたというなどの話が広がったら大変」とし、「その前に、急いで手を打つ必要がある」と真相把握などのための早急な対処を注文した。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク