海外「狂気に包まれた靖国神社、旭日戦犯旗を振りながら“戦争可能国改憲”を叫ぶ」 

スポンサードリンク

 海外の反応 

軍服を着た老人達が闊歩…戦犯旗をもって長い列を並んだ人たち…政治家参拝する時は’歓呼’

韓国には奪われた祖国を取り戻したのを記念する光復節であり、日本には天皇が敗戦を宣言し、戦争が終わったことを記念する日の8月15日。

1

毎年同日、そうであるように、特級戦犯が合祀された日本の靖国神社は、右翼の狂気に包まれた。

神社の入口には、日本が侵略国家、犯罪国家でないと書かれているプラカードが参拝客たちを迎え、神社の内外には、戦犯起因旭日旗があちこちではためいた。帝国主義時代の軍服を着た右翼らは頭を高く持ち上げて闊歩した。

右翼が打ち出した叫びには邪魔するものはなかった。

独島を竹島と呼び、自分たちの領土だと広報するのに熱を上げ、改憲を通じて日本を戦争できる国に変えるべきだという恐ろしい話を当たり前にした。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク