日本海軍が開発した人間爆弾「桜花」、元搭乗員最後の証言…初の訓練で着地失敗「これに乗って死ぬのか」!

スポンサードリンク
1: みつを ★
 《 昭和19(1944)年11月、鹿嶋の海軍神之池航空基地にある神雷部隊に配属された元上飛曹の佐伯(旧姓・味口)正明(91)=愛媛県西条市=が初めて、敵艦を一撃で仕留める新兵器を目の当たりにしたのは入隊翌日だった。

 まだ「桜花」という正式名称はなく、考案者の大田正一少尉から「○大(マルダイ)」、もしくは「K1(ケーワン)」という暗号名で呼ばれていた。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Japanese_Ohka_rocket_plane
https://www.sankei.com/smp/premium/news/180814/prm1808140004-s1.html 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534201270/

続きを読む

Source: 軍事・ミリタリー速報☆彡

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク