日本メディア「1930年代日本教授の恐ろしい実験が明らかに‥生きている中国人を丸太にし染色体研究」

スポンサードリンク

 海外の反応 

日本のマスコミ、北海道大学保管文書で記録発見
満州で抗日運動していた中国人は「とても良い材料」
戦時中の日本軍、学者らの生体実験の証明する資料

日中戦争の直前の1937年6月、現北海道大学の前身である北海道帝国大学教授が満州で生きている中国人から睾丸を摘出して染色体の観察実験を行ったという事実が明らかになったと、日本のマスコミが14日報道した。

関連投稿:

1

北海道新聞、TV朝日などの報道によると、北海道大学図書館に保管されていた資料で1937年当時、同校の理学部教授だった小熊守(1885~1971)教授が満州で抗日運動をした中国人の男子を対象に人体実験をした記録が発見された。 資料は、当時、日本厚生省が発行した「民族衛生資料」に掲載された「人類の染色体」という速記録に、小熊教授が1939年厚生省で、ある講演の内容を盛り込んでいる。

彼はこの講演で遺体や病人から摘出した睾丸は、染色体観察に適していない、若くて健康な生きている男性の睾丸が必要だとし、「抗日運動をしている匪賊を材料にしたらどうだろう」と話した。 以後、満州にいた日本軍(関東軍)に協力を求めて「とても良い材料を手に入れることができた」とした。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク