海外「台湾が初の慰安婦被害者少女像を建設し、日本に謝罪と賠償を要求!」→日本メディア「両国関係の悪化の可能性」

スポンサードリンク

 海外の反応 

日本の第2次世界大戦敗戦日の8月15日を翌日に控えた14日、台湾に日本軍慰安婦被害者を象徴する少女像が初めて建設された。

日本の時事通信と産経新聞などは関連ニュースを報道し、「日本と台湾の関係に影を落とすことになる可能性もある」と展望した。

1

この少女の像は、台湾の人権団体である「台南市慰安婦の人権平等促進協会」(以下、慰安婦協会)主催で制作されたもので、台湾南部の台南(台南)市国民党支部の敷地に建設された。 慰安婦協会は国民党の支援を受けて今年4月に設立されたという。

同日午前に開かれた少女像の除幕式には、国民党所属の馬英九元総統も出席した。 馬元総統は在任時代、慰安婦問題と関連して日本に謝罪を要請した人物であり、同日の除幕式でも日本政府の謝罪と賠償を要請した。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク