海外「韓国のラオス救護隊第1陣が帰国‥“ラオス人は韓国人や韓国企業を恨んで居なかった”」

スポンサードリンク

 海外の反応 

セピアン-セナムノイダム事故被害支援のため、先月29日、ラオス現地に派遣された大韓民国の海外緊急救護隊(KDRT)が、約十日間の作戦を終えた。 これらはまた、救護隊2陣に現場を引き継ぎ、9日20人全員が帰国した。 防疫要員まで含まれた22人規模の2陣の救護隊は7日から現地に投入された。

1

韓国医療チームの活動に感嘆した世界保健機構(WHO)関係者は、韓国に追加支援を要請した。 盧チーム長は「中国、タイより遅れて現場に到着した」、「しかし、昼休み10~30分を除いた残りの時間をそのまま患者診療に書いた隊員たちのおかげで韓国チームが最も高い評価を受けた」と伝えた。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク