海外「韓国の伝説的なサッカー選手が、日本Jリーグ時代に受けた虐めを告白‥“チームメイトに無視され、パスもして貰えなかった。まるで地獄だった”」

スポンサードリンク

 海外の反応 

韓国の伝説的な攻撃手「崔龍洙(チェ・ヨンス)」が日本Jリーグで活躍していた時代の経験談を打ち明けた。

チェ・ヨンスはJリーグに初めて進出した後、経験した困難を打ち明けた。チェ・ヨンスは1994年から2000年まで安養(アンヤン)LG所属で111試合に出場して44ゴールを決め、Kリーグ代表ストライカーに浮上した。

1

この様な活躍をもとに1995年の国家代表にデビューし、69試合で27得点を記録するなど優れた活躍を見せた。

この様なチェ・ヨンスが欲しかった日本Jリーグジェフ・ユナイテッドは、2001年3億円の移籍料で彼を迎え入れた。

ところで期待を抱いて踏んだ日本の土はチェ・ヨンスに地獄の様な場所だった。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク