海外「韓国KTXは何位?」世界で最も早い高速鉄道を保有する国家とは?

スポンサードリンク

 海外の反応 

世界で最も早い高速鉄道システムを保有した国家はどこか? 欧州の大衆交通情報サイトであるゴーユーロ(Go Euro)によると、日本の新幹線が最も速い記録を保有したものと調査された。 日本の新幹線の最高速度は時速603キロである。 もちろん、この速度で乗客を乗せて走っているわけではない。 特定の区間で試験運行をして記録した最高速度だ。

1

ゴーユーロによると、世界で二番目に速かった高速鉄道は、フランスのTGVで時速575キロを記録し、中国の高速鉄道は時速501キロを記録して3位を占めた。韓国のKTXの最高記録は2013年に「ヘム」が記録した時速421キロメートルで世界4位の水準だ。

高速鉄道システムを導入した国は20ヵ所ほどだ。 高速鉄道は最も普遍化された地域は、昔から鉄道網が最も発達したヨーロッパである。 しかし、世界で最初に高速鉄道システムを導入した国は日本だ。 日本は1964年にすでに高速鉄道時代を切り開いた。最近中国が高速鉄道の普及に積極的に乗り出し、韓中日3国を含めた東アジア地域が高速鉄道技術分野でトップを走っている。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク