日本メディア「若いゴールキーパーの育成急務」→「Jリーグのキーパー6人が韓国人」 海外の反応

スポンサードリンク

 海外の反応 

「日本も若いゴールキーパーの育成が急務だ。」

2018年、ロシアのワールドカップのキーワードの一つは、ゴールキーパーだ。イングランドはジョーダン・ピックフォードの猛活躍によって、スウェーデンを制圧した。 彼はコロンビアとの16強のペナルティキックでも相手の最後のシュートを封じ込め、チームに勝利を与えたことがある。

1

クロアチアのダニエル・スバシッチの活躍も欠かせない。 彼は16強に続き、8強でもスーパーセーブで両こぶしを握った。 特に8強戦では、後半終盤、平凡なボールを取ろうとして、ハムストリング(太もも裏の筋肉)に問題が生じたにも負傷闘魂を発揮、チームを勝利に導いた。

「ディフェンディングチャンピオン」のドイツをスーパーセーブした、大韓民国のチョ・ヒョヌも絶対はずすことができない注目すべきゴールキーパーだ。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク