「長友へ・・・君たちの監督だったことを誇りに思う」by ザッケローニ

スポンサードリンク

サッカー_01

▽おすすめ記事▽

1: 2018/07/08(日) 11:20:22.54 ID:CAP_USER9
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、2018 FIFA ワールドカップ ロシアのベルギー対日本の試合の後、DF長友佑都にメールを送ったようだ。長友がツイッターでその内容を明かしている。

 日本代表は2日、W杯決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦。接戦の末2-3で敗れベスト16敗退となった。そして8日、長友は自身のツイッターを更新。「ベルギー戦が終わった後、ザックさんから一通のメールが届いた」と投稿した。

 メールには「君たちの監督だったことを誇りに思う」と書かれていたと明かすと、長友は「ブラジルW杯から4年。成長した姿で、恩返しできたなら嬉しく思う」と付け加えている。

 ザッケローニ氏は2010年から2014年まで日本代表監督を務め、アジアカップ優勝などの成績を残した。しかし、2014年のブラジルワールドカップではグループステージ敗退に終わっている。なお、現在はUAE代表監督を務めている。

 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00790753-soccerk-socc 

https://platform.twitter.com/widgets.js

4: 2018/07/08(日) 11:21:25.41 ID:6leI93330
ザックがずっと監督でいいのに
ザックなら選手同士の意見の言い合いも許すだろ

//platform.twitter.com/widgets.js
続きを読む

Source: SAMURAI Footballers

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク