海外「首相になって欲しかった…」日本の大使の離任発表を受け悲しみに暮れるイラクの人々

スポンサードリンク

現地で非常に高い人気を誇る在イラク日本国大使館の岩井文男大使が先日、
近々イラクを離れる事を自身のフェイスブック上で発表し、
イラク国民に大きな悲しみを与えています。

岩井大使は2015年からイラクの日本大使を務めており、
以来SNSなどを通じてイラクの人々と交流を深め続けてきました。
特にロシアW杯アジア最終予選の日本対イラク戦を翌日に控えた、
昨年6月12日に投稿した動画では、イラク代表チームのユニフォームを着用し、
流暢なアラビア語で両国の健闘を祈り、人々に感銘を与えていました。

離任発表を受け、首相官邸や安倍総理のSNSアカウントに、
大使の任期延長を求めるメッセージを投稿する人が続出しているようで、
また岩井大使のSNSのコメント欄にもメッセージが殺到しています。
様々な声が寄せられていましたので、その一部をご覧ください。

「日本は兄弟のような国だ…」 日本の大使のメッセージにイラクから感動の声殺到

2159385.jpg
Source: 【海外の反応】 パンドラの憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク