海外「9本の指を失った男‥伝説の日本人登山家栗城史多さんがエベレストで死亡」 海外の反応

スポンサードリンク

 海外の反応 

登山家の栗城史多は、2012年にエベレストを征服しようと試みたが、9本の指を失った。それは2回目の試みの事でした。

1

その後、完璧な機能を発揮する指1本で、栗城史多さんは継続的に、2015年、2016年、2017年、そして今年、さらに4回のエベレスト登頂を試みました。

今回は7.400メートルの高度に達しました(エベレストの高さは8.848です)。栗城の遺体は今日、山で見つかったが、コミュニケーションをやめた後の死因はまだ明確になっていない。彼は36歳でした。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク