【動画あり】海外「大谷翔平がエンジェルス球団新人歴代最多奪三振新記録を達成!」 海外の反応

スポンサードリンク

 海外の反応 

大谷翔平がもう一つの球団新記録とメジャーリーグの歴史を塗り替えた。

大谷は14日、ミネソタ・ツインズとのホーム試合で6.1イニング3安打1失点を記録した。 惜しくもブルペン陣が継承候補に失点を許し、シーズン4勝は得られなかったが、チームは3-2で勝利した。

1

同日、大谷は計103球を投球し、四球はわずか2本を許しただけで、奪三振はおよそ11を奪う怪力を発揮した。 特に2回と3回にはスプリッターやスライダー、カーブなどの変化球を武器に6個のアウトカウントを全て三振で装飾する気炎を吐いたりもした。

今季大リーグ入りした大谷は同日の試合まで含めて計6回先発登板で、三振43つを奪った。 これはエンゼルス所属の新人投手がデビュー初の6試合に立てた歴代最多奪三振新記録だ。

従来の記録は1962年B・ベリンスカイの38奪三振だ。 大谷はなんと56年前に樹立された記録を超えて、新しい新記録を作成した。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめ人気記事!(24時間更新)
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク