戦闘機から発射できる極超音速ミサイルを開発へ…米空軍がロッキード社と契約(約1070億円)!

スポンサードリンク
1: みつを ★
 《 米国防総省は18日、防衛・航空大手ロッキード・マーチンが今後、空軍との約10億ドル(約1070億円)の契約に基づき、戦闘機から発射できる極超音速ミサイルを設計・開発すると発表した。

 極超音速ミサイルは音速の何倍もの速度で飛翔し、ミサイル防衛システムをかいくぐることができる。同省高官らはこれまで、中国とロシアによる極超音速兵器開発が急速に進んでいると繰り返し警告してきた。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

HSSW
http://www.afpbb.com/articles/-/3171831?cx_position=44 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524227929/

続きを読む

Source: 軍事・ミリタリー速報☆彡

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク