YNYzK4cG9aZ810F1513405444_1513408914

【動画あり】海外「大谷翔平選手が2回で降板‥」大谷選手の中指のマメが潰れ、フォークボールの制球力が乱れる 海外の反応

 海外の反応 

大谷翔平選手が、メジャーリーグ3度目の登板で敗戦投手になった。右手中指に出来たマメが潰れて全てが計画通りにならなかった。

大谷は18日、レッドソックス相手に先発登板、2イニングの間、4被安打(1本塁打)2四球1三振3失点で早期降板した。 エンゼルスは1-10で大敗、大谷は初めて敗戦を記録した。

1

1回28球、2回38球を投げ、制球に乱れを見せた。特に、スプリッター制球力がまったくなっていなかった。 メディアは「大谷のスプリッター(フォークボール)がゼロコマンドだった(Shohei Ohtani had zero command of splitter)」と伝えた。

以前の登板で大谷のスプリットは直球と同じ軌跡、ストライクゾーンに入る打者の前でいきなり落ちる球だった。 チームの同僚は「テーブルから落ちているようだ」と評価した。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク