【日韓関係崩壊】日本外務省ホームページ「韓国は最も重要な隣国」の表現を削除! 韓国の反応

スポンサードリンク

 韓国の反応 

[東亜日報]日本外務省が最近、ホームページに掲載した韓国に対する記述で、「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」という表現を削除された物と、15日確認された。

外務省は最近、ホームページに掲載した「両国関係」という文書で韓国に対して「韓日の間には困難な問題があるが、これを適切に管理し、様々な分野で協力を進め、韓日関係を未来志向的に進展させることが重要だ」程度の記述をした。

1

外務省北東アジア課が作成するこの文書は2ヵ月ごとに修正されるが、日本政府の公式見解を対内外に知らせる公式的意味がある。

日本外務省が韓国に関して「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」を削除したのは、今年1月の安倍晋三首相の施政演説と軌を一にする。 安倍首相は2016年と2017年の施政演説で「韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国」としたが、今年は、「ムン・ジェイン大統領と今まで両国間の国際約束、相互信頼の蓄積の上に未来志向的に協力関係を深化する」その程度の記述となった。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめ人気記事!(24時間更新)
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク