海外「天才大谷選手に対する唯一の心配‥フォークボールを投げすぎると負傷の危険」 海外の反応

スポンサードリンク

 海外の反応 

大称賛を受けている大谷翔平選手だが、彼のスプリット駆使の割合が高いということに注目された。 現在、大谷の技量と潜在力については疑いの余地がないが、スプリッターの駆使が多いことは、今後大谷の未来に否定的な要素になる恐れがあると慎重な考察が為された。

1

大谷は投打でいずれも大活躍だ。 米国は「大谷熱狂」に包まれた。大谷は投手として2試合でいずれも勝利を獲得しただけでなく、打者としても8試合で打率3割6分7厘、OPS(出塁率+長打率)1.191を記録中だ。

大谷は強力なファストボールはもちろん、スプリッターが猛威を振るっている。大谷のフォーシームファストボール平均球速は97マイル(156.1km)に上る。 ここに90マイル(145km)前後の急に落ちるフォークボール(スプリッター)が打者の空振りを誘導している。 二回大谷と相対したオークランドの打者はこのフォークボールに無策で退いた。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク