海外「大谷翔平選手の足の速さもイチロー選手並!一塁まで4.07秒でチーム最速!」 海外の反応

スポンサードリンク

 海外の反応 

大谷翔平選手が、攻撃と走塁でもう一度自分の真価を誇示した。

大谷は14日、カンザスシティとの遠征試合に先発7番指名打者に出場して、シーズン三番目のマルチヒットの試合を完成させた。 2回の2塁打、8回センター前安打を記録するなど4打数2安打1得点を記録した。 打率は従来の3割4分6厘で3割6分7厘で、OPS(出塁率+長打率)は1.183で1.191に上昇した。

1

前日大谷に右中間を割る走者一掃三塁打を打たれたカンザスシティーは同日、大谷を相手に新しい戦法を持って出た。 一応守備を右側に置き、右側と中央方面の打球に備えた戦法だった。 ここに先発ジェイソンは、外角で勝負を繰り広げた。右側のゴロを誘導できる計算に見えた。

実際のデータに基づいた選択だった。 大谷は同日の試合前まで引っ張った打球が40%、中央方面打球が45%だった。 左側の打球は15%しかならなかった。 しかし、大谷はこれをあざ笑うのように初打席で左翼手とラインの間に落ちる安打を放った。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめ人気記事!(24時間更新)
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク