エンゼルス監督「大谷の投打兼業は注意深く体の状態を見守りながら判断する予定」 海外の反応

スポンサードリンク

 海外の反応 

現在、LAエンゼルスは大谷翔平選手がいつまで投打兼業を続けられるか注意深く見守っている。

大谷は投打兼業に向けた疑いを全て打ち消した。彼は、投手としても打者としても完璧に近い活躍に早くから厚いファン層が生じた。大谷は投手として2試合に先発登板し、2勝13イニング平均自責点2.08を記録し、打者に8試合で打率0.346 3本塁打11打点の猛打を振るった。

1

マイク・ソーシアエンジェルス監督は「大谷が持ちこたえる時までは投打兼業をさせようと思う。 大谷は投打兼業をするため、本当に多くの努力をしている」と説明した。
続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク