米国の国家空中作戦センター「E-4Bナイトウォッチ」、通称「最後の審判」が離陸…空中給油で1週間の間、飛行可能!

スポンサードリンク
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [HU]
 《 米国はE-4B ナイトウォッチを発進させた。E-4B は米国の国家作戦空中センターとして運用される航空機で「最後の審判」の通称で知られている。

​ (略) E-4Bに「最後の審判」という通称がつけられた理由は、これが核戦争などで破壊され、機能しなくなった地上の司令塔に代わる存在となりうるため。E-4Bは空中補給が行われれば1週間の間、飛行し続けることができる。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

US_Air_Force_Boeing_E-4B_-_75-0125_-_ZRH_(24630990901)
https://jp.sputniknews.com/us/201804124770929/ 
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1523554931/ 
引用元:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:US_Air_Force_Boeing_E-4B_-_75-0125_-_ZRH_(24630990901).jpg

続きを読む

Source: 軍事・ミリタリー速報☆彡

スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめ人気記事!(24時間更新)
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク