YNYzK4cG9aZ810F1513405444_1513408914

海外「大谷翔平選手の同僚が、投手大谷が難攻不落である理由を語る」 海外の反応

 海外の反応 

二刀流で大リーグを揺るがしている怪物大谷翔平選手が9日、オークランドとのホーム試合で投手で登板し、7イニング1安打1四球12奪三振無失点の好投でシーズン2勝を獲得した。 オークランドの打者は言葉そのまま空振りするのに忙しかった。

1

それだけ大谷のボールを当てるの大変だった。 攻略が難しい理由は何だろうか?エンゼルスの同僚らは、高速スプリッターと、剛速球の配合と挙げた。 ここにボールを投げたいところに投げる制球力も抜群だという点も挙げた。 三拍子を完璧に備えたという評価だ。

大谷のスプリッターは最高145kmまで出ている。 打者には直球のように見える。 早く入って、ホームプレートの前で急に沈みながら、消える。 米国のマスコミは「悪魔のスプリットを投げている」と言うほど攻略が難しい。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク