YNYzK4cG9aZ810F1513405444_1513408914

元慰安婦「抵抗すると殴られ蹴られ強制連行された」在日韓国人監督が日本の蛮行記録映画を上演「慰安婦問題にうんざりした人へ」戦争犯罪を訴える! 韓国の反応

 韓国の反応 

今月17日、東京渋谷にある小劇場で、日本軍慰安婦被害者を素材にした映画「沈黙、立ち上がった慰安婦」の上映会が開かれた。 戦争と慰安婦被害者を深く掘り下げて来た、在日韓国人2世パク・スナム(82)監督の4番目の映画だ。

関連投稿:
韓国人「日帝は18歳少女の爪を抜き、鼻や耳を切って性的拷問をした」日帝に逮捕された柳寛順烈士が受けた拷問と最後の遺言をご覧ください 韓国の反応
韓国人「20万人の少女が強制連行され、性奴隷だけでなく性拷問で死亡した」日本、国連女性差別撤廃委員会の審査で、日本軍慰安婦強制連行を否定
韓国人「日本人はISより残虐だった」日帝時代に日本が行なった残酷な拷問風景をご覧下さい

1

この映画は、彼が30年近く集めてきた慰安婦被害者のおばあさんたちの証言と、活動記録を編集して制作したものだ。 朴監督は2015年の韓日慰安婦の合意が結ばれた後、映画を作る決意したという。 彼は「被害者たちの声を聞かず、勝手に韓日間の慰安婦の合意を締結したことに対する怒りで、この映画を作った」と話した。

117分にわたる映画には、1990年代に日本政府に謝罪と賠償を要求するおばあさんたちの闘争の歴史がいきいきと盛り込まれている。 おばあさんたちは、天皇が住む皇居の前に座り込んで号泣して、日本の政治家と元軍人たちを相手に厳しい証言を噴出したりもする。

フィルム一コマ一コマが記録であり、歴史である。 慰安婦被害者たちの活動が国内集会を中心に記録されており、証言も、最近になって映像として保管し始めたことを思えば、意味が大きい映画だ。

続きを読む

Source: 世界の憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク