海外「米国は日本に謝罪するべきだ」 東京大空襲の真実に海外から怒りと悲しみの声

スポンサードリンク

第二次世界大戦末期、東京は106回の空襲に見舞われましたが、
中でも1945年3月10日の下町空襲は、10万人以上の犠牲者と、
100万人以上の罹災者を出す大規模なものでした。

米軍は早くから江戸の大火や関東大震災の検証と詳細な分析を行っており、
その結果、焼夷弾による空襲が最も効果的だと結論づけ、
人口密度の高い地域が空襲対象地域に選定されていました。
なお3月10日は、風が強くなるとの予報があったため選ばれています。

米軍は、一般市民が多く暮らす市街地を空襲した理由について、
「点在する町工場が軍需産業の生産拠点となっているため」としていますが、
外国人からは、「戦争犯罪」との声が多く寄せられていました。

海外「なんて恐ろしい光景だ…」 日系人強制収容所の写真に米国人がショック

144593048305.jpg
Source: 【海外の反応】 パンドラの憂鬱

スポンサードリンク
スポンサードリンク
おすすめ人気記事!(24時間更新)
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク