YNYzK4cG9aZ810F1513405444_1513408914

【知ってた?】イスラム教徒アメリカ入国禁止で日本へ旅行するイスラム教徒が爆増中

スポンサードリンク

56h6j6j76mitymntdbgf

SPONSORED LINK 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

概要

トランプ大統領の入国禁止令が日本の入国者数増加に影響する理由

アメリカの裁判所はトランプ大統領の入国禁止令によりアメリカでのテロが発生するリスクが高まっていると懸念しています。またこの法律はまだいくつかの裁判所では合法であるかどうか判決が行われている途中です。

今年の1月にしっかりとした準備もないまま、いきなり始まったこの入国禁止令は9月に第3改訂版が提出され、未だに政府と司法の間で問題となっています。最新版では入国を禁止する8カ国とさまざまな制限や条件が記載されています。

この入国禁止令が明らかになった後もイスラム教の人達がアメリカを訪れようとしています。旅行会社のコンサルタントによると、計画しているイスラム教徒の全ての人がテロや何か攻撃を仕掛けようとする精神的に問題がある人ではないとわかってほしいと訴えます。160億人いる平和を説いたイスラム教徒の中でそういった人はひと握りなのです。

またイスラム系の旅行会社は2020年までに450万人以上の顧客と13億ドルの売り上げを想定しています。しかし今回の入国禁止令により、アメリカへの渡航者数は年々減少するだろうとトランプ大統領へ向けたメッセージを発信しています。

その一方でイスラム教徒の日本への渡航者数を分析してみると2004年の15万人から2016年には70万人と増加していることがわかります。また2018年の渡航者数は100万人を超え、全体の外国人観光客の3.5%を占めるだろうと予測されています。

経済再生の一環として安倍首相はイスラム教徒の多い東南アジア諸国に対しての観光ビザの緩和を行いました。東南アジア諸国はアメリカの入国禁止令の対象ではありませんが、安倍首相は真逆の対応をしたイスラム系の旅行会社の経営者は語ります。日本はASEAN諸国を70年にわたりサポートしており、今まで以上にイスラム系の旅行客や留学生が増えていくことでしょう。

2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピックと立て続けに世界的イベントが開催される日本では、イスラム教徒のファッション、食事やお祈りなどを地元が理解すべきであるとトレーニングが開始されています。トレーニングを提供している会社は少なくとも8000人がイスラム教のファッションや食事について学んだと話しています。これにより日本はイスラム教徒をより理解し、多くの東南アジアのイスラム教徒が足を運ぶようになるでしょう。

他の経済効果としてイスラム教徒用の料理を作ることによりレストランは10億ドルの売り上げ向上も見込まれています。

またお祈りの時間もイスラム教徒にとっては大切な問題で、50%以上のイスラム教徒が1日に5回祈りを捧げています。祈りに伴いウドゥーといって手や口を水で清めるのですが、ほとんどの日本のトイレは手を洗う場所が付いているので便利なのです。

日本では神道神社や仏教寺が多く存在しますが、モスクの数も2013年の86から2017年には100近くまで増えてきています。ハブ空港では祈り用の部屋が設置されたり、大きな主要駅でも同じような取り組みがされています。高島屋もイスラム教の買い物客に向けて専用の部屋を用意しています。

史上初のアメリカによる一部のイスラム国の入国禁止は今後支持を得たルールとして制定されるかもしれません。もしそうなれば日本はイスラム国にオープンな国として多くの観光客が訪れ観光収入により経済が潤うでしょう。



■引用元

https://www.facebook.com/forbes/posts/10156018872592509

SPONSORED LINK 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

海外の反応

・日本は人口の99%が日本人だから、イスラム系の人が長期で住んだり、ビジネスを始めたりっていうことはなさそうだけどね。

・たぶん日本は旅行でお金を使ってもらいたいだけで、それ以上のことは望んでないし受け入れないと思う。

・日本の文化とイスラムの文化はかなりかけ離れているからね。レストランがイスラム系の料理を提供するっていってもどれくらいかわからないけど、行けば都だよ。

・僕はニューヨークに8年住んでるけど、イスラム系の人が嫌われているって感じたことないけどな。

・かなり反トランプ派な考えだな。全部のアメリカ人が同じ考えじゃないよ。

・アメリカ人の多くは今回の入国禁止令に対してネガティブなイメージは持ってないけどね。

・困っているのはもともと住んでた人たちだから、旅行者数とは関係ないんじゃないかとも思うけど。

・日本はどのポジションンにいるべきかいつもしっかり分かっている。これからも世界の状況をよく見て判断するように。

・もし日本がこれをきっかけに多くの移民を受け入れ始めたら、将来的にイギリスみたいに後悔するんだろうな。

・トランプ大統領がすることすべてアメリカにとって損失で、他国にとっては成長のチャンスなんだね。

・ゴジラ対アラーが見れることを楽しみにしてるよ。

・全く違った宗教を受け入れるって大変だと思うけど日本の幸運を祈る。

・もしイスラム系の旅行客が減ったところでアメリカの観光業は困らないと思うけどな。

・この日本のビザ緩和ってイスラム系の人だけじゃなくて、全外国人に向けて緩和されてるよね?

・出生率低下による人口減少を止めるため、イスラム系移民を受け入れてみたらどうだろうか。

ひとこと

イスラム国家はインドネシアしか行ったことありませんがタイ・ベトナムよりゴミが落ちてなくてクラクションならす率が劇的に低かったです

イスラムの教えでマナーがいいのかなと感じました(お酒飲まないのも関係あるかもしれませんが)

SPONSORED LINK 
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(function() {
var pa = document.createElement(‘script’); pa.type = ‘text/javascript’; pa.charset = “utf-8”; pa.async = true;
pa.src = window.location.protocol + “//api.popin.cc/searchbox/kattobi-japan.js”;
var s = document.getElementsByTagName(‘script’)[0]; s.parentNode.insertBefore(pa, s);
})();


Source: かっとびジャパン – 海外の反応 –

スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク