海外「黒人だけど、どこが人種差別なのか分からない」ガキ使ブラックフェイス問題、実は否定意見は少なかった

スポンサードリンク

3d6fghuoyrdfgoij

SPONSORED LINK 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

概要

日本がその黒い仮面を外す時 -良い方向性のために

Andy Warhol氏はかつて言った。「いつか、誰もが15分間は世界中で有名になる時がくる。」

私の場合、日本を例に挙げてみようー日本が汚名を着せられ、それを回復できないということになる前に、ブラックフェイスをやめるように懇願することによって。少なくとも、13年間にわたりこの国が私に与えてくれた素晴らしいことに対して、私が精一杯できることだ。

手短に、私の見解を述べよう。大晦日に「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」を見ていたら、浜田雅功がブラックフェイスで現れた。皆は、これがエディ・マーフィーに似せたという。しかしながら、私が一週間に三回も見たものは、日本人の男性がブラックフェイスで笑いを誘っていたということで、そして私はそのユーモアが理解できなかった。

私はスクリーンショットをとって、ツイートした。「これは今週に入って3回目で、2日連続だ!年に一度の有名なコメディ番組で!日本…ここ最近、あなたを愛するのが難しいよ…あなたはこんなことよりもずっといいはずだ!#BlackfaceisBad #StopBlackFaceJapan」

私は、このツイートをフォローした。

「黒さはオチでもツッコミでもない。ジョークが必要ならもっといいライターを雇って。黒人キャラが必要なら、日本語を話す黒人俳優を雇って。だからお願い、#StopBlackfaceJapan」

その他にもいくつかのツイートやリツイートがついて、私はこの件についてはやることをやったと思った。しかし、私のツイートは炎上して、その強い印象と挑発的なビジュアルゆえにこの話は世界に広まってしまった。私はHuffPost Japan、BBCからは2回もスカイプで、そしてNew York Timesまでもインタビューしてきた。そう、7日間の15分間だ。

そこで、あなたはこう疑問に思うだろう。日本がこの笑いを取るためにお笑い芸人が誹謗しがちだというイメージについて、どう思っているのかを。

私が受け取ったメッセージに、彼らが考えていることが書いてある。

Kaori Tanaka

「今回の件について、私自身日本人として、この国のあまりの人権感覚に対する無知さを、本当に恥ずかしく思っています。ブラックコミュニティーから成り立つゲットーのライフスタイルや文化を、実際にそこで生まれ育つことはどういう事なのかということを全く知らず、想像することもなく、ファッション感覚で真似ているようなものだと思います。」

Naruto Komatsu

「Blackfaceが欧米では人種差別だと認識されることを日本に広めていただきありがとうございます。人種に関して無知で興味のない日本人の先生になっていただきありがとうございます。これからも日本人が国際認識から外れるようなことがあれば、彼らに教えてあげてください。」

Norihiro Togasaki

「ブラックフェイスはすぐに止めるべきです。ブラックフェイスをする必要性はないし、いかなる人を傷つける中傷行為も許されるべきではありません。このような中傷行為が日本で起こっていることが悲しいし、日本人として恥ずかしいです。」

Kazz Takahashi

「おそらく99%の日本人がブラックフェイスが間違っているという事を知らなかったのではと思いますが、どれほど西洋人(或いは日本人以外の人)が嫌悪感を抱いているかということに向き合うべきだと思います。日本人は今すぐブラックフェイスを止めるべきです。」

Madoka Yanagisawa (フリーランスライター)

「黒塗りと呼ばれる「ブラックフェイス」は日本だけでなく、どの世界でも続いて欲しくない。理由はこれが人種差別と切り離せない問題であるから。大抵ブラックフェイスをしている側に差別の意識はなく、むしろ黒人や黒人文化への敬意、さらには表現者としてのサービス精神でしていることがほとんどだが、残念ながら目に見えない内側の意志は周囲に伝わらない。」

Yo W. Shiina

「「差別や偏見の意図はなかったと思う」というコメントは論理的には的外れなものです。問題はその行為(例えばブラックフェイス )の「影響」であって、行為者の「意図」ではないからです。ブラックフェイスのような「冗談」が、世界という文脈において、ポジティブな影響を与えるものか、ネガティブな影響を与えるものか、バランスのとれた見方を試みても良いのではないでしょうか? 日本の洗練を、さらに上のレベルにしようではありませんか。」

ブラックフェイスでもよい

私は、ブラックフェイスでもいいという意見が来ることを予想していたが、誰一人としてそのような意見は持ち合わせていないか、もしくは意見を述べることを止めているようだった。でも、明らかに沢山の人が日本のメディアを好んでいて、ブラックフェイスを放送している。これがそれに対する意見だ。

「彼はエディ・マーフィーをまねているだけだ。問題があるようには思えない。」

「私たち(アメリカ)は、日本に私たちの狂気を無理強いする必要はない。自分たちのことは自分たちで。」

「日本に住んでいるこの黒人は、米国の政治に対して「日本」を使った:私たちに対して人種問題を使うことでー効果的ではないね。」

「黒人と日本人との間に深い溝を掘り、その上に狭い橋を作った。美しいね。」

そして、私が一番気に入ったのは、何人からの黒人が言ったことだ。

「これは何もないものを作りだすことを目指す、過度に敏感な卑劣な黒人たちによって引き起こされた何でもない問題。 彼は面白いと思ったよ!」

とにかく、皆は、どんな手段であれそれが愛だけではないことを知っているべきだと思う。



■引用元
https://www.facebook.com/thejapantimes/posts/10155164767973344

SPONSORED LINK 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

海外の反応

・どうか日本をアメリカのようにしないで。ここでは皆が違いについていうことを恐れ、政治的に正しいことを強いられる。

・僕はこれはそんな問題でないと思うけどな。

・ああ、呆れてため息が出てしまうよ。

・僕は黒人だけど、これのどこが人種差別なのか分からない。

・人種差別の一番大きな問題は、人々がこれを人種差別としてしまうことだ。

・彼らはブラックフェイスを何年もしてきて、それを今頃問題にしてもねえ。

・僕にとっては何でもない問題だけど、みんなが事を大きくしているね。

・彼は、確実にエディ・マーフィーの衣装を着ていて、ランダムな黒人を演じているのではない。ブラックフェイスにすれば人種差別なの?

・僕もこの番組を見ていて、日本人の妻にこういったよ。「きっとそのうち、アメリカ人が恐れおののくよ。」

・これは、欧米人をまねた、金髪と高いフェイクの鼻についても適用されるってことになってしまうよね?

・誰か、マックルモアーがユダヤ人の風刺をしたのを覚えてる?それはよくて、これは・・・?

・これは単にユーモア何ではないの?

・確かに、日本人に対して、これが問題になるっていうことを教えておくのはいいことかもしれない、でも僕は建設的な意見を交わすことがいいと思う。

・これは、エディ・マーフィーが、アメリカ人警官の中に、一人だけ違う人物として出てきたものだから、人種差別ではないと思うよ。

・この写真だけ見ると、やり過ぎ感はあるよね。でも、実際の番組を見てないから何とも言えないな。

ひとこと

どちらかというと日本人は黒人リスペクトの気持ちの方が強いのでは?
ラッツアンドスター然り、HIPHOP然り、一時期のR&Bブーム然り

SPONSORED LINK 
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(function() {
var pa = document.createElement(‘script’); pa.type = ‘text/javascript’; pa.charset = “utf-8”; pa.async = true;
pa.src = window.location.protocol + “//api.popin.cc/searchbox/kattobi-japan.js”;
var s = document.getElementsByTagName(‘script’)[0]; s.parentNode.insertBefore(pa, s);
})();


Source: かっとびジャパン – 海外の反応 –

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク