1: ばーど ★  《 防衛省は2019年度予算の概算要求で、過去最大の約5兆4千億円を計上する方針を固めた。18年度当初予算より2千億円超の増額となる見通し。  陸上配備型迎撃ミ…
続きを読む ›

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US]  《 IHIは10日、造船の拠点である愛知工場(愛知県知多市)を閉鎖する。1970年代半ばの開設時には生産能力で国内ベスト3の一角…
続きを読む ›

1: きつねうどん ★  《 ロシアは8月16日(現地時間)、超音速爆撃機ツボレフ22M(Tu-22M)のアップグレードバージョンを公開する予定。ツボレフ22Mは核爆弾を搭載可能。…
続きを読む ›

1: ばーど ★  《 第二次大戦中の1945年7月、英国のチャーチル首相(当時)が米国による日本への原爆使用に最終同意して署名していたことが、英国立公文書館所蔵の秘密文書で判明し…
続きを読む ›

1: 空中戦艦バルログ ★  《 陸上自衛隊最大の実弾訓練「富士総合火力演習(総火演)」の入場券や見学当選はがきが、オークションサイトに多数出品され、数千円~5万円程度で取引されて…
続きを読む ›

1: ニライカナイφ ★  《 80年代末期から90年代にかけて一斉を風靡した『機動警察パトレイバー』の完全新作『パトレイバーEZY』が、8月10日(金)にプロジェクトを本格始動さ…
続きを読む ›

1: 動物園φ ★  《 国連安全保障理事会の制裁決議により禁輸品目に指定されている北朝鮮産の石炭が原産地を偽装する方法で韓国に違法に持ち込まれていたことが10日、韓国関税庁が発表…
続きを読む ›

1: ガーディス ★  《 群馬県の防災ヘリの墜落現場で捜索を行っていた自衛隊員5人が取り残されていることがわかった。群馬県によると、5人は無線機を持っておらず、 》  ここまで一…
続きを読む ›

Name 名無し 18/08/08(水)23:42:46  《 (略) 74式のパワーパック、駆動系を一新し、装甲を強化し、センサーを一新しネットワーク化を施す。RWSを装備する。…
続きを読む ›

1: ばーど ★  《 北朝鮮で今月、日本人男性1人が現地当局に拘束されたことがわかった。外務省は邦人保護の観点から、拘束の経緯や理由などについて情報を収集している。核・ミサイルや…
続きを読む ›

 中国海警局が計画している10,000トン級巡視船、全長165メートル、幅20.6メートルで最大規模の艦船です。 http://japanese.china.org.cn/引用元:…
続きを読む ›

1: しじみ ★      《    1969年、アメリカのアポロ計画によって人類は初めて地球から約38万キロメートル離れた月に足…
続きを読む ›

1: 樽悶 ★  《 国際ハッカー集団「アノニマス」が、陰謀論でトランプ政権を擁護する「Q」とその支持者の総称である「QAnon(キューエーノン)」にインターネット上で宣戦布告した…
続きを読む ›

1: みつを ★  《 中東などを管轄する米中央軍のボーテル司令官は8日、原油輸送の大動脈のホルムズ海峡などでイラン革命防衛隊が実施した大規模な海上演習について「米国へのメッセージ…
続きを読む ›

1: SQNY ★  《 イスラエルは9日未明、パレスチナ自治区ガザ地区を空爆し、ガザの保健当局によると妊婦と赤ちゃんを含む3人が死亡した。  イスラエルはガザからのロケット弾攻撃…
続きを読む ›

1: みつを ★  《 イランのロウハニ大統領は北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相と会談し、米国は信用できないとの認識を示した。国営イラン通信(IRNA)が9日報じた。  同大統領は…
続きを読む ›

1: ニライカナイφ ★  《 まるでディストピア系SF映画からアイデアを借りたかのようだ。中国政府は人民を監視する方法を発展させてきた歴史があるが、最新の監視システムは、ハトに偽…
続きを読む ›

1: ニライカナイφ ★  《 ナチスのシンボルが入っていたり、白人至上主義を彷彿させる製品が、Amazonから除去されることになりました。  Amazonは、憎しみや暴力、差別を…
続きを読む ›

1: きつねうどん ★  《 ロッキード・マーティンは52機目にして最終号機となるC-5Mスーパーギャラクシーを2018年8月2日付でアメリカ空軍に納入したと発表しました。これによ…
続きを読む ›

1: 荒波φ ★  《 韓国南西部沖で2014年4月に起きた旅客船セウォル号沈没事故で、原因の調査を進めてきた韓国政府の船体調査委員会は7日までに、沈没の発端となった転覆の原因につ…
続きを読む ›

1: ニライカナイφ ★  《 第11管区海上保安本部(那覇)によると、4隻は8日午前9時ごろ、久場島の北西およそ30キロからおよそ34キロの接続水域を航行していた。尖閣周辺で中国…
続きを読む ›

スポンサードリンク
最近の投稿
スポンサードリンク
スポンサードリンク